information

2019-01-31 17:36:00

驚異的な。。。

こんにちは、石塚です

ちょっと興味深いブログを発見したのでちょっと載せます
以下納豆についてです
・栄養源なしで100万年以上生きると推測されている。


・100ºCで煮沸しても死なない。


・人間の致死量のおよそ3000倍のガンマ線量(1万グレイ以上)を照射されても生き残る。


・紫外線にも強い。


・超真空にも耐えられる。


などなどだ。

生物学の巨人パスツールが、生命は無生物から発生するという「自然発生説」を否定するためにフラスコで煮沸した肉汁から、いかなる細菌も発生しないことを示した。


しかし、その後、同様の実験を行った後に納豆菌の仲間が沸いてきたことが確認された。


ちなみに納豆を作る工程では、藁を高温に処理して大豆を包む。こうすると、藁に付着した納豆菌以外の細菌が死滅し、納豆菌だけが残るためだ。


実は、パスツールの実験の際には、納豆菌たちは自身の素性を人類の目から隠すため、彼が使ったフラスコから退避していた。


だがしかし、肉汁に目のくらんだドジなやつらが科学者の罠にまんまとハマり、納豆菌の存在が明らかになったのだ。


彼らは地球生まれの菌ではない。その正体は、宇宙からやって来たエイリアンだ。


それを実証した研究がある。科学者らは納豆菌の仲間をロケットに搭載し、宇宙空間に数年間さらした*

ロケットが帰還し、宇宙空間にさらした納豆菌は死んでいなかった。かれらは、長い惑星間飛行の末に地球にたどり着いたエイリアンだと考えられる。


この説を支持するもう一つの有力な証拠がある。


納豆菌の仲間が芽胞を形成するとき、ある特殊なタンパク質群が作られる。これらのタンパク質は、SASPs (small acid-soluble proteins)とよばれ、芽胞のDNAとくっついている。


このタンパク質のおかげで、極端なストレスにさらされてもDNAを保護することができ、芽胞は生存できる。


このSASPsは、納豆菌の仲間以外では、地球上のどの生物にも存在しない特殊なタンパク質だ。つまり、納豆菌が地球の外に由来する生命体であることを強く裏付ける
37DD080D-4D26-42DA-B6A4-EA989E0F913F.jpeg
納豆がすごいというブログでした笑
こちらがブログになります→http://horikawad.hatenadiary.com/entry/20111101/1320152177
小田急相模原 River Hair Lounge
tel 042-705-5370
https://river-hairlounge.com